防災備蓄品PRESERVED FOOD

長期保存食

「機能とおいしさを兼ね備えた長期保存食とは?」当社はこの課題に取り組んでいます

いつでも美味しく食べられる長期保存食を!

災害時における食料備蓄は3日分必要

  • 災害発生~3日目
    生存者の救助が最優先!(72時間の壁)
  • 4日目以降
    支援物資の到着・配給が本格化

救助を待つ間、もしくは支援物資が到着するまでは最低1人3日分の食料が必要です。

非常食は食べづらい?

防災備蓄食品

食べづらかった非常食(2004年新潟中越地震)

食べづらかった非常食(2004年新潟中越地震)

日本の65歳以上の高齢者人口は約3600万人です。総人口比率は約29%(総務省統計局2018年9月16日) 高齢者の被災時における不安やストレスは大きく、食欲もなくなりがちです。
高齢者には消化や栄養のことを考えることが重要です。

病院施設、高齢者介護施設などで必要とされる防災食は?

当社がおすすめする防災備蓄品とは

購入はこちら

  • 長期保存が可能!
  • 普段と変わらない美味しい食事が可能!
  • 水なしまたは少量の水での調理が可能!
普段の生活の中で、備蓄用保存食を食べる習慣を!
ローリングストック

普段から美味しく食べられる防災食!いざという時も日常で食べなれている味に!

企業様向け防災備蓄用食品の入れ替えと、新規導入のご提案を致します。
独自の配送による輸送コスト削減や導入までのご相談は当社まで!
家庭用・個人様向けの当社オリジナル防災キットも安心の価格で販売致しております。
特に水は12年間長期保存をご提案しています。

備蓄内容・配送コストなどご相談ください!

現在、備蓄されている「保存期限を考え、どこで処分すればいいの?」「新規導入を手配するには?」入れ替えに伴う備蓄品は賞味期限内の転売、処分(リサイクル)のお手伝いもさせていただきます。

企業法人向けの防災備蓄品の輸送

企業法人向け防災備蓄品の在庫・賞味期限管理・防災備蓄品の新規購入・期限切れ間近の備蓄品の回収まで、防災備蓄に関するサービスを行っております。事業所ごとに異なる要望にも対応します。物流倉庫だからできるアレンジメントと導入運搬費用の削減に対応致します。運搬につきましては関連の株式会社東開物流が全国へ安心・安全に心を込めてお届けいたします。

BACK TOP